東京サウナ日記

サウナのある暮らし🍺 🐤

地上4階地下1階の駅前秘密基地「東京荻窪天然温泉 なごみの湯」【 サウナ散歩 その 73 】

f:id:color-hiyoko:20200917134755j:plain

夜勤明けと臨時の夕勤の間にサクッと逝ってきました。荻窪の「なごみの湯」。2年ぶり2度目。このくらい訪問の間が空いてると細かいところはほとんど忘れているので新鮮です。楽しみ。。

この施設は館内着からバスタオル・フェイスタオル、歯ブラシに垢すりタオル、カミソリまでアメニティが全部付いていて泊まりも可能なオール・イン・ワン形式。だから入館料はちと高い。公式サイトのクーポンを提示して 100 円割引に。

f:id:color-hiyoko:20200918102144p:plain

画像がでかいよ。。 

東京荻窪天然温泉 なごみの湯のお風呂とサウナの感想

エレベーターで4階の男湯へ(女湯は2階です)。サウナが2種類あったのだけは憶えてました。片方はスチーム式のボナサウナでもう片方がよく見るドライ式のロッキーサウナ。 ゆっくりマイルドに発汗するボナ側も人気でした。水風呂は面積は広いけど浅い。体感で 17 ℃くらいでしょうか。その右隣には「あつ湯」の浴槽。ライオンの口から出るお湯はかなり熱い。水風呂に長く浸かった後は余裕で入れて、めずらしく交互浴もやってみました。

f:id:color-hiyoko:20200914194734j:plain

水風呂の左隣には炭酸泉のぬる湯槽が。これも広い。血流アップです。お楽しみの露天風呂、先日訪れたばかりの「つるつる温泉」の温泉を使っていたことにちょっとびっくりです。本家ほどのぬめり・とろみはなかったですが(お湯のとろみ度に関してもっと言うと、つるつる温泉の近くの「瀬音の湯」の温泉が No.1 ですな)。

露天エリアにもシャワーやカランがあってこちらも充分な広さ。ととのいイスの上に立って下を覗くとすぐ中央線と総武線の線路が見えました。隣のビル?にバッティングセンターがあるみたいで、時々「カキッ」「コキッ」とバッティングの打撃音が聞こえてきます。良くも悪くも、吉祥寺からたったの2駅で多摩とは違う文化圏・雰囲気を感じますね。。あと、外気浴エリアの壁にパイプが通してあって、そこからミストが吹き出てるのが地味に良かったです(冬場はなくてもいいかなとも思ったけど)。

まとめ

杉並区内はけっこう回った感じがするけど、フィットネスクラブ以外のサウナ施設を数えたらなんと 17 店もあった。東京全域だと公衆浴場だけで 500 店前後あるんだっけ。。 

f:id:color-hiyoko:20200914194744j:plain

ラーメンもそうだけど、サウナ巡りを続けているうちに、どうもオタク的な収集・コンプリート願望が出てきてるように思う。ヲタの基本習性の1つに「コレクションする」ってのがあるでしょう。

でもまー、先が見えな過ぎるのがアレなので、23 区のほうは「サウナ付き」「露天(外気浴)あり」「水風呂 22 ℃ 以下」の3条件を満たすサウナを回っていきたいです。あくまでサウナと水風呂が主役、なのでありました。

↓ その他、全部込みオールインワン型施設 

にほんブログ村 健康ブログ サウナ風呂・低温サウナへ

施設情報

✅  営業時間:10:30〜翌 9:30

✅  定休日:年中無休

✅  入浴料金:平日 1980 円・土日祝 +200 円

✅  温度設定:サウナ 82 ℃・水風呂 16 ℃

✅  駐車場:提携駐車場あり

✅  Wi-Fi・電源:あり

✅  無料アメニティー:

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・

ドライヤー・ナイロンタオル・歯ブラシ・

カミソリ・館内着・大小タオル

✅  露天風呂:あり

✅  お食事処:あり

✅  休憩スペース:あり

✅  作業スペース:あり

✅  ボディーケア:あり

✅  岩盤浴:あり

✅  漫画:あり

✅  最寄駅:JR 中央線「荻窪駅」徒歩 1 分

✅  地図

公式サイト・サウナイキタイの口コミ

こちらでセミリタイア日記書いてます 🐤